抗生物質@通販

抗生物質@通販では、病院でも用いられている非常に効果がある抗生物質を通販でお買い求めいただけます。常備しておけば安心の抗生物質をご家庭に1つ備えておきましょう。

アンピシリン
20件の商品がございます
表示件数
並び替え

アンピシリン

アンピシリンは「ビクリシン」という商品名で販売されている、ペニシリン系の抗生物質です。
比較的古くから使われており、重度の副作用がほとんど出ない安全性が高い抗生物質として、大人から子供、妊娠中・授乳中の女性にまで処方されているお薬です。
またさまざまな細菌に有効なため、咽頭炎・扁桃炎・気管支炎といった風邪にまつわる症状から、中耳炎・歯科治療後・手術後などの細菌感染予防にまで幅広く使われています。
アンピシリンの副作用としてもっとも多くみられるのが「下痢」です。
これは抗生物質の抗菌作用によって、腸内細菌のバランスが乱れることにより起こります。
服用を止めれば次第によくなるためそれほど神経質になる必要はありませんが、小さい子供やお年寄りは下痢が続くと脱水症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。
また症状の悪化や、耐性菌をむやみに増やさないためにも、用法用量を守ってしっかりと飲みきることが大切です。

アンピシリンの特徴と効果

アンピシリンはペニシリン系の抗生物質ですが、ペニシリンより多くの種類の細菌に対して抗菌作用を持ちます。
これは、アンピシリンのほうが細菌の体内に侵入しやすい化学構造を持つからです。
作用機序は、細菌の細胞壁の合成を阻害して細胞分裂を不可能にしてしまうというもので、基本的にペニシリンと変わりません。
アンピシリンは中耳炎、肺炎、サルモネラ菌感染症などの治療によく使われます。
風邪には効果がありませんが、二次感染の予防のために処方されることはあります(このような使い方は賛否両論ですが)。
副作用としては、特に子供に投与した場合下痢が起きることがあり、これは腸内細菌のバランスが崩れるためで、服用を中止してしばらくすれば治ります。

アンピシリンの有効菌種

アンピシリンは、細菌を殺菌する薬剤のことであり、効能としては細菌が形作られる際に細胞壁の合成を抑制することにあります。
これによって、細菌そのものを死滅させるとともに、増殖にもストップをかけて広がりを防ぎます。
アンピシリンの有効菌種としては、ブドウ球菌、大腸菌、プロテウス菌、インフルエンザ菌などがあります。
その他に、臨床的に有効な菌としては、連鎖球菌、肺炎球菌、腸球菌、淋菌、赤痢菌などがあります。
このように、多種類にわたる菌に対して効果を発揮しますので、症状や部位による使い分けが必要になります。
そのためには、それぞれの専門医の診断を仰ぎながら、用法、用量を見極めていくことが大切になります。

アンピシリンの副作用

アンピシリン服用にあたり比較的多い副作用として挙げられるのが下痢で、特に小さい子供に多く見られますが、軟便程度なら問題はありません。
しかし、ひどい下痢が続いたり血便が見られる場合は病院で受診することをおすすめします。
坐薬として使用する場合は挿入箇所の発赤、痛み、排便回数の増加などがあります。
稀な副作用として、アナフィラキシーショック、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害があります。
頻繁に起こる副作用ではありませんが、高齢者の方や長期間に渡りアンピシリンを服用している方に起こる場合があります。
その他の副作用として人によって発疹や蕁麻疹、腹痛、吐き気、口内炎、ビタミンK欠乏症を引き起こす場合がありますので、皮膚症状が出たら使用を中止し医療機関へ受診しましょう。

アンピシリンの用法・使用上の注意

アンピシリンは、グラム陽性菌や一部のグラム陰性菌をはじめとする、細菌による感染症に効果を発揮します。
呼吸器科、耳鼻科、内科といった広い範囲で処方されるものになりますので、各専門機関の診断を仰ぐことが大切になります。
アンピシリンの服用にあたっては、比較的、症状が軽度の段階で使い始めることが多く、年齢や体調に応じた適切な量が定められています。
また、これまで抗生物質によって、蕁麻疹やアレルギーを発症した経験を持つ場合は使用を控えます。
発疹や腫れといった症状は、一週間以内に緩和されていきますが、改善が思わしくない場合は、種類の変更をおこないます。
稀に、下痢を伴うこともありますので、その場合も、受診が必要になります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県